top of page

【両刃カミソリ】Parker Valiantについて

 買いやすい剃り味調整式カミソリのValiant、しかしオススメするには問題がある。それは・・・


parker Valiant
ParkerValiant Amazon.jpにて¥9,800で入手可能

 剃り味調整可能なカミソリ、替刃の出量を調整して切れ味を変化させる便利なホルダーで、使ってみたらなかなか便利です。メルクール、パーカー、ロックウェル等、有名なホルダーのメーカーでも販売されています。

 選んでいくとパーカーも手頃な値段というのもあるので候補に挙がると思います。


 自分の記憶ではこれが発売されたのは2017年位だったと思います。発売と同時に予約購入しました。

 当時入手可能だった(現在でも入手可)メルクールの調整カミソリは調整ノブがプラスチックでデザインが好きじゃなかったんです。

Merkur 50c Progress Adjustable Chrome Closed Comb DE Safety Razor

 比較してParkerValiantはカッコ良く見えました。自分が思っていたようなデザインで飛びつきました。

 


 で2週間後ようやく商品が届き、試してみたんですが問題あり。よ~く見てみると刃が斜めに装着されてしまう不具合が起きていました。固定位置はずらせないので自力で修正不可能、交換する事になりました。

 交換品が届くと今度はヘッドキャップの取り付けネジの溶接不良でこのまま使用すると錆びてしまう不具合がありました。

 

うにぞうのParkerValiant

 まっとうな製品はマイルドからアグレッシブまで適度に調整可能、ハンドルの下部のノブを捻ると無段階に調整できます。重量も重く、初心者にも扱いやすいと思います。


 しかし困ったこと、Amazonのレビューを見るとに上記の不具合は未だに起こっている様子です。同じようなコメントが散見されます。具体的な数値でハズレを引いてしまう確率を紹介できないですが、海外通販でもめったにハズレを引かない自分がこれは2度も遭遇したので、かなりなのではないかと思っています。

 二度の交換の後、今手元にあるこいつは結構優良カミソリであると思います。Parkerへのイメージは地に落ちましたが・・・。

 なんでもParkerのバタフライ製品も精度に問題があると聞いたことがあります。


 幸いAmazonで購入すると返品交換可能です。おそらく2週間以上待ち時間が発生するとは思いますが、これを買うときは返品可能なショップかどうか確認してから買ったほうが良いです。良品は優秀だと思うのでギャンブルしてみたい人は試してみますか?でもオススメはしませんよ。

 勧めるならメルクールかロックウェルを勧めます。メルクールはアグレッシブ寄りだと聞きますので、買うときはご注意。ロックウェルは値段が倍しますので、それなりの出費となります。でもオススメはロックウェルですね、自分としては。それ以上の価格のものもありますが、試してないので買ったときには書いてみたいと思います。


 ちなみに初期不良だった斜めに刃が装着されてしまうValiantはアグレッシブの塊みたいな剃れ方でした。ノブが最もマイルドである設定1でもアグレッシブさ全開でした。まあ、不良なので理屈もなにもないのでしょうけど。


 で、Amazonのレビュー見てみると、「このカミソリは強アグレッシブである」って書いてあるレビューがあります。これ、ハズレに当たってるのに気がついてない人です。

 また、写真で溶接不良の写真を載せている人もいますね。


 アタリの方の評価は上々です。これには自分も同意します。アタリだと使いやすいです。自力で修理できるようなものじゃないので返品する気満々で注文するのが良いかとおもいます。

 しかし、Amazonって返品をもう一回在庫に戻すという噂もあるので(真偽は不明)、Amazonで買うのもどうかな?と思ったりもします。やっぱMaggerdかWestcorstShabingあたりですかね?


 Parkerってのはイギリスかと思ってらっしゃる方もいますがインドの会社です。100%品質が同一な商品が保証されている国ってあまり無いんだなぁとこの趣味を始めてから感じました。替刃は結構バラバラなやつって普通にありますからね。

 


 



 

閲覧数:158回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page