top of page

Rapira Plutinum Lux

太い、濃い、伸びるのが早い!そんな人にはロシア製替刃













ロシア製  五時の影で5枚入り119円



アグレッシブ寄りの切れ味の替刃にテフロンコートした独特な剃れ味が特徴


ロシア製と聞くと品質にハテナが付くかもしれないがそんなことはない

ロシア製はある意味両刃カミソリの替刃の世界では上位クラスだ


Rapira Plutinum Luxは恐らく最高ランクにポジショニングする方もいるだろう

両刃カミソリの替刃にしては値が張るが間違いなく使いやすい


数日間レビューしてみたので下記に記しておきます




 



一日目 ホルダー:Gillette Slim Sdjustable 調整値5 ソープ:Michel Wool Fat ASTRA Superior Plutinum Gillette 7o'click(黄色) よりはマイルドな印象。 私の太い髭でも刃が暴れず問題なく剃れた。Gillette(黄色)よりは 効率は劣るがGillette(黄色)は初日は結構ヒリヒリするが こちらは幾分抑えられており悪くない印象だった。

二日目 ホルダー:メルクール33Cヘッド+Maggard MR11ハンドル ソープ:Michel Wool Fat 初日のヒリヒリ感は影を潜めて滑らかに感じる。それでもASTRAの切れ味よりはシャープ。 ザラつきのようなものも無く使いやすい。 逆反りで追い込みをかけてもこの程度なら我慢できる印象。 ホルダーとの相性も悪くないので同じ条件で寿命を見てみたい。

三日目 ホルダー:メルクール33Cヘッド+Maggard MR11ハンドル ソープ:Michel Wool Fat 急に剃れなくなった。剃れた箇所にしても初日に加えて多くストロークしてやっとの状態。 ただ不思議なことにカミソリ負けは殆ど感じられない。 品質は良いが寿命が短いということだろうか。 調整式ホルダーならばもう少し延命できるかもしれないが肌には負担がかかりそう。

総評 私は髭が太いので寿命が長いと言われるGillette 7o'click(黄色)でも 5日が限界なので、そのあたりを考慮に入れて参考にしていただきたい。

閲覧数:133回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page