top of page

洗顔

スキンケアの基本、シェービングのコンディションを保つために肌のケアには注意しよう



何のために洗顔するのか?

 

 






これは皮膚科のお医者さんに聞いた話なのですが、 洗顔をする目的は2つだそうです






  1. 肌の汚れを落とすため  日中は外出時、就寝中には自分自身から皮脂や汗、外的な汚れなどが肌に付着します。 これをそのままにしておくと肌が荒れます。女性は化粧などもするので一度キレイにしないと 劣化した化粧がそのまま残るので肌に悪影響がある。 なので洗い落とすことが必要

  2. スキンケアの効果を高めるため  化粧水やクリームなどと皮脂、肌に付着したゴミが混ざると悪影響があるので キレイにする必要がある



保湿するにしてもシェービングするにしても肌をキレイな状態に保つことは衛生上必要です シェービング後の肌には切り傷が付いていないのしても、肌に刃を当てているので多少は損傷してるはずです そこへ雑菌などが入ると良い影響があるとは思えないのでやはり洗顔は必要でしょう




洗顔料は必要か?

 そこで巷のブログなどを巡回すると、当然のように洗顔フォーム等を利用するように勧めていますが 本当に洗顔料は必要なのか? もちろん泥まみれになったり、大量の汗をかいた後だとそれなりに汚れているので必要そうだけど 見た限りではそこまで汚れていないし、水だけで良いような気もする。  肌には自己再生や肌の環境を整えるための菌なども共生している、内臓には腸内細菌というものがあるが、 そのような菌は体全体に存在する。人間はそれらを利用して生命を保っている。  なのに、毎回洗剤でそれらを洗い落とすことは良いことなのか?




女性の洗顔とは区別して考えよう

 

 女性は普段化粧をする、たまには男性もするひともいるかもしれない 


 化粧は1日中肌に存在することが必要なため、それなりに強度がある  これを落とすのはなかなか大変だ、クレンジングという作業が必要になる。  その過程で洗顔フォームを利用する。  

 【男性と女性では洗顔の過程が違う】  となると、化粧をしている女性(男性の場合もあるかもしれないが省略)と化粧をしていない男性では洗顔方法が同じで良いのだろうか?上記のように必要以上に洗浄すると常在菌も落としてしまうことになりそう


【男性の洗顔---うにぞうの場合】

 クラッシックシェービング初心者の時、わたしには結構な数のニキビがありました  洗顔料を変えてみたり、薬を使ったりしてましたが効果はイマイチ  基本に立ち返って洗顔の見直しから始めました

 まずは水だけで洗顔、理屈から考えて次のようなサイクルで洗顔するようにしました  ここまで”水”と書きましたが、実際には人肌よりすこし温かい程度のぬるま湯を使っています 多少、洗浄力が上がるそうです

  • 朝は就寝時の汚れを落とすために洗顔

  • 夜は外出の汚れを落とすために洗顔

 結果を書きますと、これだけでニキビは既に消えました

 ニキビ用の薬品とかではないので、効果は遅いですがしばらくすると肌が安定してニキビは消えました  そして肌の調子も安定しました

 これにプラスして食生活もビタミンやタンパク質を適切に補給できるように、サプリなどを利用しています



 結論:男性の洗顔は水だけで1日に2回、時々洗顔料を使用する

  洗顔料を使用した洗顔は大量の汗をかいたり、汚れたと思った時だけにしています


個人的な感想


『WEBであれやこれや商品をすすめるのは売りたいが為なんだな』 そもそもシェービングソープも多少の洗浄はしますので、その程度で十分ではないかと感じました シェービングソープ以外は汚れがわかる時以外は使用してません

生き物で、ソープなどを使用しているのは人間だけです。それも使い始めたのは近代のことです 元々は水だけで大丈夫なように出来ているのではないか?

色々弄る方が、却ってバランスが崩れて変になるのでは? 個人的にはそう考えます 生物である人間には自己再生する能力があります その能力を邪魔しないようにスキンケアするのが、長期的に考えると最も安定するのではないかと いうのが個人の感想です だが自身が再生する素材である栄養補給は気を使う必要がありそう 実を言うと洗髪とか、全身にもこの考え方を適用して効果を感じているのですが、 あまりにもマニアックなので一般受けするかどうかは疑問です


知人でエステを経営している女性に肌が若いと褒められます(お世辞の可能性もある)






閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page