top of page

SPEICK MEN Shaving Cream Tube

更新日:4 日前


SPEICK MEN SHAVING CREAM
SPEICK MEN SHAVING CREAM

 SPEICK MEN SHAVING CREAM(ドイツ製)

 今回もコナート購入アイテムです。  50g入りで800円台なのでちょっとお値段が高めのクリームです。普通のシェービングクリームは150gくらい入っていて2500円前後だと思うので換算すると大差ない値段です。旅行用にコレのスティックタイプを使っているのですが、香りが良くシェービングも良好です。これまでに使ったモノの中ではとても良い部類だったので実は期待しています。海外のブログを読むとクリームタイプも好評なので使ってみようと思っていました。入手性も良いのでできれば定番化できないかなぁと期待してます。

※追記:よく調べてみて発見しましたがここでシェービングクリーム他、アフターシェーブバームなども販売されており、送料も手頃なので気に入ればここで購入するのも良いと思います。送料は550円で国内発送ですので到着も早いです。正規代理店みたいですので発送トラブルのリスクも少ないと思います。


 香りはスパイシーさがあるラベンダーの香りです。夏季など暑い時期に使用しても爽やかさがある感じです。シトラス系に飽きた場合はラベンダー系も夏向けではないかと思います。

 公式サイトを見ると蜜蝋と植物性グリセリンを使用しているとのことです。高山植物であるSPEICK(スパイク) という植物のエッセンスを使用しているらしく、この植物は薬草やヒーリング効果のあるハーブとして使用されているとのことです。ロゴマークの上にある植物のイラストはこのSPEICKとのことです。



仕様:


アクア

ステアリン酸カリウム

パルミチン酸カリウム

ココナッツ酸カリウム

グリセリン

ステアリン酸ナトリウム

パルミチン酸ナトリウム

ヤシ油ナトリウム

セラ アルバ

ミリスチン酸カリウム

セチルパルミテート

ミリスチン酸ナトリウム

ラバンデュラ アングスティフォリア オイル

バレリアナセルティカエキス

香水

ラウリン酸カリウム

ケイ酸ナトリウム

チオ硫酸ナトリウム

CI15985

リモネン

リナロール


 今回はParker SoloEdgeとMuhle ROCCAにVOSKHODの替刃を使用します。ブラシはSemogueの豚毛とアナグマ毛ミックスのSOC、DSCosmeticの白い人口繊維ブラシを使用しました。


レビュー


 このクリームの特徴としては香りはわずかなのですがエッセンシャルオイルが品質の良いものを利用しているのか、自然な香りがするのが特徴だと思います。

 使用法ですが、公式サイトではこのシェービングクリームはただ顔に塗り込むだけでも使用可能と説明されています。

 ブラシで泡立てましたが特に泡立ちが悪いこともなく、TOBSなどと比較しても遜色ない性能に感じます。どちらかというとスキンケア性能に効能を振っているようで、シェービング後の肌の調子は快適でした。アフターシェーブニベアのアフターシェーブローションのみの仕上げとしましたが、シェービング後しばらくすると肌が快適でした。保湿が強力なシェービングソープもありますが、SPEICKの場合は爽快さがありますので夏季に非常に向いている印象を受けます。

 TOBS等と値段は変わらないですが、TOBSより品が良い香りなど上回っている部分もあり、値段に見合った性能でした。内容量が少ない分チューブが小さいので旅行用のポーチにそのままいれることができます。

 固形ソープは正直、出張先や外出先で使用する場合扱いにくいので個人的にはこれに変えようと思ってます。妥協せず安定した泡が得られるので外出しているからと言って、変な道具で剃るのは嫌だというユーザーには向いている製品だと感じます。うにぞうは100円ショップで購入した容器に移し替えて持参することが常でしたが、SPEICKの場合はその面倒がないのは便利だと感じました。


 正直なところ、抗炎症機能が強力なPRORASOに軍配が上がりそうな気がします。パッケージデザインや知名度など比較してもPRORASOの人気を脅かすほどでは無いかも知れません。PRORASOはヒリヒリ感を抑え込む機能が強力なため両刃カミソリを始めて間もないユーザーには合っており、泡立てにも苦労がなく使いやすいです。

 一方、スキンケアまわりは機能不足を感じますが、このあたりはアフターシェーブアイテムを使用すればカバー出来なくもないです。なのでお手軽にちゃんとした泡を作ろうとすれば間違いのない製品だと思います。

 

 まあでも、PRORASOの一連のシリーズの香りがどうしても気に入らないユーザーも少しはいるのではないかと思います。それと今となってはPRORASOの値段は中身と釣り合っているかどうか疑問を感じます。古参のユーザーにとっては千円台前半で買えてこそのPRORASOではなかったのか?という気持ちがあります。安かったから香りを我慢して使っていたというのが自分が買ってた理由です。

 そういった方には試してみる価値があります。すくなくとも真面目に作ってる製品だと感じられるのでPRORASOのことは置いておいて、シェービングクリームとして見た場合は品質の良い製品だと思います。

 内容量が少ないので購入時の財布の負担が少ないのも買いやすいと思いました。定期的にコナートで購入している人や複数のソープを持っている人には買いやすいです。


 


追記

 24時間経過した後、再度ROCCA+VOSKHODでシェービングしました。

 気がついた点はシェービング後半日くらいは肌へのしっとり感が継続していました。やはりスキンケアのメーカーが製造したシェービングクリームはこのあたりが違う気がしました。同じラインの製品でアフターシェーブ・バームも販売されているので検討したいです。


 2回目のシェービングも普通のシェービングクリームと同様に使用できました。

 香りはわずかなのでほとんど香らない印象ですが、時々ふとした瞬間に香りがします。その香りが爽やかなので早朝にシェービングすると気分が軽やかになります。この程度の香りでしたら、外出前や仕事前に使用しても周囲の人に対しても気にする必要は無いですし不快感を与える心配もないと思います。また、ラベンダーの香りはリゾート感もあるので旅行先の朝のシェービングでも楽しい一日に相応しい香りであるとも言えそうです。


 価格が高くなってしまったPRORASOの代替として、ほぼこのクリームを購入しようという気持ちになっています。

 こちらも格安商品とは言い難いですが、シェービング後の肌の状態と香りの品の良さに納得感があります。ウェットシェーバーにとって毎朝のシェービングタイムは貴重です。満足感を味わうためにはこれくらいの投資は必要かなとも感じます。


追記2

 本製品は無事外出用シェービンググリームの殿堂入りを果たし今までのスティックタイプと入れ替えました。

 泡立てて使用していますが、泡立て不要というところも外出時便利ですし香りも問題ないし使いやすいのが理由です。既に1回、外出時に使用しましたが快適にシェービング出来ました。

 また、この製品はAmazonでも入手可能なようですのでリンクを掲載します。



 


 

閲覧数:118回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page