top of page

Start Classic Shaving 5

更新日:2023年6月15日

Classic Shavingの醍醐味であるソープについての解説

 

※トップページにも書きましたが、このブログは元々GooBlogに掲載されていた内容のコピーです。 ですが、一部加筆しました。

 

この紹介記事は半分趣味としてシェービングを行う内容も伴っているので、

グッズについても趣味要素が多い製品を多々紹介しております。

実用性を重視した記事は後半で書きたいと思います。


両刃カミソリ用シェービングソープ

ドラッグストアで入手できるジェルやフォームは本来カートリッジ式なので|

両刃カミソリ向きではないが、人によって敢えてそれを使用している人が

いるので使用できないと言うわけではない。ここではそれを除外して

両刃カミソリ専用として販売されている商品で、まず最初に入手しておきたい

アイテムを紹介したい。

ソープ、クリーム類は様々な香りや効能があるため販売数が多いと思われる

商品を元に紹介したい。

ソープとクリームの違いは一般的にはクリームのほうが泡立てが簡単でアナグマ毛、

豚毛両方のブラシとの相性が良い。また、旅行用として小さな容器に詰めやすいので

とかく応用が効く。入門者はまずクリームから入ったほうが面倒が無くて

親しみやすいと思う。(もちろん、ソープを買っても全くかまわない)

一方、ソープは固形石鹸と同じ形状をしていてブラシで石鹸を擦り取って使用するので、

どちらかと言うと豚毛ブラシと相性が良い。機能的には全く差はないので 好きな香りがあるかどうかで選択するかが決まる。

入門者向けのクリーム

Taylor of Old Bond Street

Jermyn Street Shaving Cream Bowl 150g



PRORASO シェービングクリーム リフレッシュ 150ml

基本的には好みの話になりますが、シェービングソープには

クリームと固形石鹸の2種類がありクリームのほうが泡立てやすいです

上記のTaylor of Old Bond Street社製、PRORASOが人気を二分しています


ドラッグストアで入手できるジェルやフォームは本来カートリッジ式なので

両刃カミソリ向きではないが、人によって敢えてそれを使用している人が

いるので使用できないと言うわけではないです。

ここではそれを除外して両刃カミソリ専用として販売されている商品で、

まず最初に入手しておきたいアイテムを紹介します。


ソープとクリームの違いは一般的にはクリームのほうが泡立てが簡単で、

アナグマ毛、豚毛両方のブラシとの相性が良い。

また、旅行用として小さな容器に詰めやすいのでとかく応用が効く。

入門者はまずクリームから入ったほうが面倒が無くて親しみやすいと思います。

(もちろん、ソープを買っても全くかまわない)

一方、ソープは固形石鹸と同じ形状をしていてブラシで石鹸を擦り取って

使用するので、どちらかと言うと豚毛ブラシと相性が良い。

機能的には全く差はないので好きな香りがあるかどうかでどうぞ。



 

普通の石鹸でシェービングできるか?


読者の方で素朴な疑問で「普通の石鹸じゃダメなの?」って方も

いらっしゃるかと思います。

マニアの方からは怒られそうですが、実際はOKだと言っていいと思います。

私も実は最近は国産の普通の洗顔フォームを使っています。 最初は専用品でないとダメなのではないかという先入観がありましたが 実際は大丈夫でした 私が使用しているのは下記の洗顔フォームですが、商品によってはカミソリの滑り具合などは製品差がありますので、そのあたりは各自模索するしかないでしょう ・・・とても全部は試せないので 実際に使った物はブログにしていきたいと思います

ロゼット ROSETTE

無添加石けん洗顔フォーム [140g] (ヨドバシネット通販で税込み331円)


無添加の洗顔フォームというところに多少拘りましたが、普通の洗顔フォームです。

使い始めは上記の外国産のソープと少し違うと感じましたが誤差の範囲でした

最も外国産でもブランドを変えると差異を感じるので

それとそんなに大きな違いは無いです。

泡立てるときに水分を調整すれば、何も差は無いというのが自分の感想です。

あとは自己満足感だけかもしれません。


肌への良し悪しは結局、シェービング後の保湿が鍵を握っているので、

そういう意味で気になるのでしたら、ちゃんとした化粧水を使用すれば

理屈の上でも問題ないかと思います。

何しろ外国産の10分の1近い価格で入手できるので、実用重視なら

国産で十分かと思います。


以前は海外産のソープをわんさか買いましたが、結局辿り着いた答えです。

海外産だと香りとかは素晴らしいのがありますが、

実用重視であればこちらでいいと思います。

閲覧数:157回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page