top of page

健康ランドで両刃カミソリを楽しむ

【近況】

 お久しぶりです  前回までレビューを続々書いていたせいで、只今絶賛余剰在庫処理中です。  替刃もソープも半年くらいは余裕で在庫してるので、消耗しないことには次が書けません涙  そういう訳でブログ更新が遅れてしまいました。  実際、両刃カミソリにしても現在所持しているモノで特別不満がないので、なかなかネタが無いのですが、何か新しいものを購入したらブログも更新したいと思います。




健康ランドで癒やしタイム


 今回は「健康ランドで両刃カミソリを楽しむ」についてです

 最近、休日や出張したついでに健康ランドで癒やされるのがちょっとした楽しみです。以前は紛失するのが怖くて外出用のひげ剃りセットは貝印ゴールドステンレスを使用していたのですが、現在は写真のようになってます。

 剃れ方自体はゴールドステンレスでも全く不足はなかったのですが、ソープやブラシ、化粧品関係が備え付けを使用すると不便極まりなかったので専用ポーチを用意しました。そこまでやるのなら両刃カミソリを持参しても同じ用に感じたので結局下記のようなセットに落ち着いています。


持ち出しセット

【外出時のヒゲソリで必要なモノ】

 外出時の荷物は、できれば最小限に抑えたいです。  それでも機能的に劣るモノを持っていくとモチベーションが下がるし気持ちの良いシェービングができません。なので下記のアイテムを持参してます。


  • 両刃カミソリ本体  持ち出す頻度の多い人は普段遣いと分けたほうが良いかも。  自分の場合はいくつかコレクションがあるので以前お気に入りだったアイテムを持ち出し専用にしました。  あまりウェイトがあるものは荷物が重くなるので遠慮したい。だけど、気分的にもしっかりしたモノでシェービングすると満足感が高いので、普段遣いの中で比較的軽量タイプを選んでいます。  具体的にはGilletteSuperspeedです。比較的軽量でありヘッドがOTTタイプなので替刃の交換や水洗がしやすいので実用的です。

gillette superspeed


  • 替刃  小さめのジップロックにひと箱入れています。ポーチごと浴室に持ち込んでも替刃が濡れないようにしています。ダイソーで購入したモノでしたが、風呂場に持ち込むぐらいなら十分に防水してくれるようで、不都合はありませんでした。  替刃のブランドはGillette7O'clock Yellowを持参しています。ロシア産で比較的アグレッシブ寄りの替刃です。ウクライナ紛争の関係で品物もあったりなかったり、現在のロットはどこで生産されているか不明になっていますが、これは数年前の在庫なのでロシア産です。現在生産分の切れ味が変わっていないことを祈ります。結局この替刃が一番気に入っているので。

両刃カミソリ替刃


  • シェービングブラシ  トラベル専用ブラシというものもありますが、写真のように専用のケースがMaggardRazorsや、ConaughtShavingなどで販売されているので、それを使用すればどのサイズのブラシも持ち運び可能です。ただ、湿気が高い状態になるので、人工繊維ブラシがおすすめです。そうでない場合は使用後、きちんと乾燥させることを意識しないといけません。多分カビちゃうと思います。  下記のブラシはDSCosmetic社のブラシ、中国製です。ですが、購入価格が2,500円くらいしたので普通には使えます。写真の通り人工繊維です。豚毛っぽい感触でチクチクはしません。良好です。  同じく中国製の500円ブラシを持参したこともあったのですが、ノットが細くてやや塗る効率が悪かったり、繊維が低コストの毛だったのか、ややチクチクするのですが普通に使用できました。  今回のセットは満足感もある程度追求したアイテムの採用ですので500円ブラシはチープすぎて却下しましたが、貝印ゴールドステンレスを中心とした「最低限セット」なんかを考える場合は全然OKだと感じます。

シェービングブラシケース


  • シェービングソープorクリーム  100円ショップで買える化粧品用のプラスチックチューブに、プロラソのシェービングクリームを入れています。どれを持ち出すか選ぶのは楽しみでもあるので、どれがいいと言うことは無いと思います。適当な容器が見つかれば何でも使えると思います。  スティックソープなども販売されていますのでそちらも便利そうだと思います。ltaryanBarbarとか、ConaughtShavingあたりだとセールでスティックソープが出てる場合があるので、そのうち買ってみようと思ってます。このあたりは色々工夫できそうですので研究してみると面白いと思います。  ただし使用するのは両刃カミソリシェービング専用のソープが良いと思います。  宿泊先に備え付けてあるフォームやソープを使用すると使用感が変わるというのもあるし、経験上満足ができるレベルになったことは少ないです。その日の気分に大きく影響するので自分のお気に入りを持参した方がリスクは少ないと思います。

shavingsoap and balm
右:シェービングソープ、左:バーム

  • アフターシェーブバーム・スプラッシュ  自分はバームのみを持参しています。ここも使い慣れたものが良いと思います。100円ショップで入手できる容器に入れてます。液漏れしそうなモノはジップロックに入れておきましょう。  自分はStiring Soap Co.のアフターシェーブバームを入れています。

  • ポーチ  上記セットを収納するポーチは水きれが良いものが相応しいのではないかと思います。フックが付けられるものだと水切りにも便利なので色々試してみるのも良いかと思います。自分の場合はデザインセンス皆無で選んでいますが、商品関係を収納する容器もセットになって統一されたデザインのものもあるので、探してみるのも良いでしょう。

  • タオル  どこにでもある白タオルなのですが、実は拘った結果がコレです。  最初は厚手の高級タオル的なモノを持参していたのですが、最終的には粗品で貰えるような白タオルの縫製がちゃんとしたモノを使ってます。と言っても恐らく300円くらいのモノですけど。  自分はバスタオルは持ち歩かず、洗体も拭き取りも全部この1枚のタオルで済ませています。  近所のイオンで買いましたが通販でも売っているようです。

towl

  • 小型ミラー 大抵健康ランドにはミラーが付いていると思いますが、見えにくかったりそのほかの事情で使い勝手が悪い場合があります。サブ的な意味でダイソーで購入した小型のミラーを持参してますがこれがなかなか便利だったりします。下記のようなスタンドで自立出来るようなものが便利だと思います。

サブミラー

  • その他  石鹸とかシャンプーも持参してます。健康ランドのソープ関係って何故か薄かったり低機能な製品が多くて満足したことが無いんですよね。石鹸は固形石鹸派なので4分の1に切断したり、シャンプーはシェービングソープと同じ用にチューブに入れて持参してます。


 仕事で最低限の荷物に抑えたい場合は「最低限セット」でもいいのかもしれませんが健康ランドはレジャー施設だと思ってますので持参品も含めて”遊び”を入れています。普通なら温泉に入りに行くだけになってしまいますが、両刃カミソリマニアにとってはグッズ選びも楽しみの一つとなるので2倍おいしいのではないでしょうか?  自分が行ってる健康ランドはその他漫画がたくさんあったり、昼寝スペースが充実していたり楽しいです。これで千円程度で利用できるので頻繁に行ってたりします。  

 以上、休日の楽しみについてでした。


※ひとりごと   自宅の浴室では、時々両刃カミソリホルダーに替刃を入れるのを忘れていたときとか、替刃が古くて剃り味が落ちていた時とか、なぜかちょどよくそのあたりに貝印ゴールドステンレスが転がっているのですが(確信犯)、使用するたびに「なんでこんなに切れるのよ涙」と思ったりします。  以前1ヶ月ぶっ続けレビューしたので、今更クセは把握してるので躊躇なく使ってます。なんせ10本まとめて販売されているのでなぜか知らないけど段ボール箱を開けるたびに在庫がゴロゴロ出てくるのです。何かと理由をつけて使わないと捌き切れません。  ぶっちゃけると入浴時のヤワヤワになったヒゲならば、貝印ゴールドステンレスの敵では無いです。いつもより剃れてるんじゃないの?ってくらい良く剃れます。  しかもバカみたいに長寿命。  貝印さん、なんてモノを作ってるんですか?  だもんで、本当は貝印ゴールドステンレスと中華製500円人工繊維ブラシと洗顔ソープ、それとNIVEAあたりの乳液をセールで購入しておけば全然実用に耐えるセットが出来上がります。  だけどそんなのブログにして面白いのか?ってのがあるのと、個人的にやや寂しいので無理やりセットを仕立て上げているだけです。





 


閲覧数:249回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page