top of page

MERKUR 33C

入門用にメルクール33cはいかが?





















多くの両刃カミソリユーザーが勧める両刃カミソリはメルクール34cかミューレR89だ。 これには全く異存はない。異存はないが同じことをこのブログで書いても今更だと思う。 なのでその応用例としてメルクール33cを紹介したい。 メルクール33cは3ピース構造。34cは2ピース構造になっているがヘッドのそれ味は同じである。 ではなぜ34cの方が人気があるのかと言うと34cは本体重量が118g、33cは51gと結構な開きがある。 両刃カミソリはホルダーの重みで髭を切る感覚で剃るため、ヘッドに掛ける圧力を意識せずともこの34cなら勝手に髭が剃れていく。そして評判のメルクール3シリーズヘッドの効果もあり実に扱い安い製品となっている。33cは重量が半分であるためユーザー自らがヘッドの圧力を調整する必要がある。 重量が軽いため34cと比較して逆反りやタッチアップなど、細かくストロークする動作の場合は33cの方が扱いやすいが初心者オススメは結局のところ34cに軍配が上がる感覚である。

では、仮に33cが34cとほぼ同じ重量だった場合はどうだろう? 実はMaggard Razorsよりこんなものが発売されている。


















これは3ピース構造の両刃カミソリホルダー向けに販売されているグリップである。

3ピース構造のグリップ部のネジのサイズは替刃の穴の位置が決められいる理由からか、殆ど共通のネジサイズになっている。私は50年前のビンテージホルダー所有しているが、そのグリップでさえ同じネジサイズである。

話が逸れたが、Maggard Razorsからはロングサイズやヘビーウエイトなど、数種類のグリップが発売されている。その中でMR11というグリップを装着すると34cと同じ重量のホルダが出来上がる。

ヘッド部は33cも34cも同一形状であるため、3ピースな34cが出来上がると言う寸法だ。


両刃カミソリホルダーの形状について、2ピースにするか、3ピースにするか好みの問題もあるだろうが、3ピースの場合グリップのみ、またはヘッドのみ交換ができるという点が魅力だ。

ミューレのR89やR41等は海外の通販サイトでヘッドのみ販売されていたりする。

そして33cに最初から付いていたグリップは軽量であるため、ひげ剃り仕上げ時の部分的なタッチアップにとても便利なのでこれはこれで重宝している。なので入門時に33cを買って却って良かったと思っている。

閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page